スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インクカートリッジ事件の雑感

商標登録なら商標登録ホットライン/大阪・京都・神戸
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪

知財高裁平成18年1月31日判決(平成17(ネ)10021号)

使用済みのインクカートリッジにインクを再充填する行為が、カートリッジの特許権を侵害するか否かが問われた事件の控訴審判決。原審では権利者の請求が棄却されたが、控訴審では、権利者の逆転勝訴となった。

私は結論自体には賛成であるが、同様の結論を導き出した使い捨てフィルム事件(地裁の判決)と比べて、その理由に何か割り切れない感が残る判決である。


なぜこの判決は、私にもやもやした感じをもたらすのであろうか。

この判決は、インクカートリッジへのインクの再充填行為が、一旦製品としての効用を終えたインクカートリッジを再生産するという第1類型には該当せず、特許発明の本質的部分を構成する部材の機能を回復させるという第2類型に属するから、権利侵害に当たるという判断を下している。

それでは、特許発明の本質的部分を構成する部材の機能を回復させるものでなければ、権利侵害にならないという結論となる。このような結論が本当に妥当なのであろうかという疑問が、私のもやもやの元である。

ユーザはインク用の容器としてカートリッジ製品を購入しているというような議論でよいのか?という気がしてならない。リサイクル業者は、使い捨てカートリッジにわざわざ穴を開けてインクを再充填しているのであり、それでも?という疑問です。

BBS事件の最高裁判決は、特許法による発明の保護と、社会公共の利益との調和の観点を重要視しているのに対し、この判決は、特許法特有の技術範囲論的な土俵に強引に持ち込もうとしているような気がして、私は違和感を覚える。

皆さんはどのようにお考えでしょうか?

私はもう少し頭の中を整理しなければなりません。

商標登録なら商標登録ホットライン/大阪・京都・神戸
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪
千葉 行政書士 相互リンク / 東京A 行政書士 相互リンク / 東京B 行政書士 相互リンク / 神奈川 行政書士 相互リンク / 愛知 行政書士 相互リンク / 大阪 行政書士 相互リンク / 兵庫 行政書士 相互リンク



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。