スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドプロの出題 中小企業診断士

商標登録なら商標登録HOTLINE/大阪・京都・神戸
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪


平成23年8月6日に行われた中小企業診断士の1次試験の「企業法務」の第8問において
マドプロに関する問題が出題されたようです。
中小企業診断士のことはよく知らないけれど、それにしても謎の多い出題です。



-------------------------------------------------------------------

第8問
 次の記述は、ある条約(以下「A」という。)に関するものである。「A」に該当するも
のとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 日本が1999年12月14日に加盟し、2000年3月14日付で効力が発生した商標
登録の手続のための条約で、現在のところ、加盟国(地域を含む)は、80か国以上
に及んでいる。
 商標その他特許、実用新案及び意匠は、基本的には属地主義のために各国(若し
くは地域、以下、「各国」という。)ごとに登録しなければならないが、各国別に出願
手続を行う場合、各国ごとの所定の条件に従わなければならず、あるいは料金の支
払いが必要となる。そして、各国別にそこに居住する弁護士又は弁理士によらなけ
れば出願手続ができない。
 そこで、これらの不都合を解消するため、世界知的所有権機関WIPO(国際事務
局)は、1891年4月に「A」の親というべき条約を制定したが、未加盟国から、使用
言語(フランス語のみ)、審査期間(12か月)、本国登録への従属性(国際登録日から
5年を経過していない国際登録に関して本国登録が何らかの理由により消滅した場
合には、国際登録も同時に消滅する)などその加盟を困難にさせる問題点があるこ
とが指摘された。「A」は、これらの問題点を克服して、より多くの国が参加できる
ような商標の国際登録制度を確立することを目的に独立した条約として1989年6
月に採択されたものである。
「A」の制度のもとでは、締約国の官庁に商標登録出願をし又は商標登録を受けた
名義人は、その出願又は登録を基礎に、保護を求める締約国を指定し、本国官庁を
通じて国際事務局に国際出願をし、国際登録を受けることにより、指定国官庁が
12か月(又は、各国の宣言により18か月)以内に拒絶の通報をしない限り、その指
定国において商標の保護を確保することができる。
[解答群]
ア Benelux Convention on Intellectual Property
イ Community Trade Mark
ウ Protocol Relating to the Madrid Agreement Concerning the International
Registration of Marks
工 The Paris Convention, known as the International Convention for the Protection of Industrial property

-------------------------------------------------------------------


読解力を問う国語の問題としか思えないような長い問題文であるが、答えるべきは条約の名前だけ。しかも、問題文は日本語で、選択肢だけが英語。中小企業診断士のことはよく知らないけれど、それにしても謎の多い出題です。

条約の名前を知っているかを問うことに、どういう意味があるのでしょうか。
知らないよりは、知っていた方が良いに決まっているとしても、この長い問題文がなぜ必要なのだろうか。
なぜ選択肢だけが英語なのか。
中小企業診断士が商標法の基礎知識を十分に有しているとは思えないのに、なぜ一足飛びにマドプロなのか。
出題者は何がしたかったのか。
考えれば考えるほど、謎は深まるばかりです。



情報源は弁理士・特許技術者oTToのBlog(ブログ)
企業法務の問題全体はこちら
正解と配点はこちら

商標登録なら商標登録HOTLINE/大阪・京都・神戸
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。