スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカレータの立ち位置

安心の商標登録サービス
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪

エスカレータ上での立ち位置が、大阪と東京では逆です。
東京では、立ち止まっている人が左側、歩く人は右側ですが、
大阪では、立ち止まっている人が右側、歩く人は左側です。
この話は有名ですので皆さんもご存じでしょう。

きつねそば(東京)と、たぬきそば(大阪)と同じように静岡県か愛知県あたりで入れ替わるという話だろうと多くの人が思うようです。

でも、実は、そうではないのです…


エスカレータ上で立ち止まる人が右側というのは、大阪だけです。正確には大阪とその周辺だけです。

大阪から西に行くと、神戸、姫路くらいまでは大阪方式です。でも、広島までいくと東京方式に変っています。逆に、大阪から東に行くと、京都で、早々と東京方式に変ってしまいます(京都駅でも大阪方面行のホームへ降りるエスカレータだけは例外のようです)。


大阪万博のころ、関西の私鉄が、歩く人のために左側をあけるように呼びかけたので、大阪だけが日本全国と逆になったという話はどこかで聞いたことがあります。

なぜ、大阪だけ逆なのか。
万博が行われたからというのではれば、名古屋も仲間入りしなければ辻褄が合いません。
たまたまそうなったという単なる偶然かもしれません。
でも、私には違うような気がします。

人間は心臓が左側にあるので、重心が左側に偏っています。
このため、体を右に傾けるよりも、左に傾ける方が安定し、ふらふら歩いていると左側に曲がる傾向にあります。

例えば、自転車やバイクを運転している場合、右折よりも左折の方が安定するという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
また、昔のスーパーは、お客が、お店の中央の陳列棚に直行せずに、まず、お店の壁沿い陳列棚を見て回るように、お店に向かって左手に入り口を設けていました。

そうすると、エスカレータ上にいる人間は、歩いている場合でも立ち止まっている場合でも、右側にいるよりも、左側にいる方が自然であると言えそうです。そうすると、東京では、立ち止まっている人が、より自然な左側を使い、大阪では、歩いている人が、より自然な左側を使うという構図になっています。

私が何を言いたいのかが、もうお解りかもしれません。


歩くスピードが日本一速いといわれている大阪人は、せっかちなので、歩く人を優先するようにエスカレータを使用した結果、歩く人が例外扱いで、立ち止まる人を優先する日本全国とは逆になってしまったのではないでしょうか。

商標登録に関する解説サイト
電気・ソフトウエアの特許出願なら大槻国際特許事務所/大阪

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。